TOMORROWLAND ONLINE STORE TOMORROWLAND collection TOMORROWLAND BACCA KNOTT SOULEIADO GALERIE VIE DES PRÉS MACPHEE CABAN SLIDE ARROW SLIDE ARROW
  • EXCLUSIVE
  • PICK UP

これが、私らしいHYKEのファーコート

おしゃれな彼女たちが着こなす〈HYKE〉のエディション別注ファーコート。

ライニングがキルティング仕様のリバーシブル、そしてショート丈だから日常でも気軽に楽しめるのがなんといっても醍醐味。

”毎日でも羽織れる”〈HYKE〉のファーコートを使用したスタイルサンプルをご紹介いたします。

 

リー・モモカ(モデル)

@mickeylee77

ーはじめてのファーコート

選んだカラーはベージュ。

「これまで何度も買ってみようと試みたことはあるけれど、ラグジュアリーなイメージが強かったのと、なかなかしっくりくるものがなかったので断念していました。人生初のファーコートなので、より”ふわふわ”なファー感が伝わるベージュをチョイスしました。着てみて思ったのは、”着てる”というより”抱きしめられている” ような気持ち良さ。これが病みつきに(笑)。別注のこれは〈HYKE〉のオリジナルモデルに比べて着丈が短いので、私のようなファー初心者でもスタイリングに取りいれやすいからお気に入りです。

 

ー私服のポイントは少年や少女っぽさを感じさせること

リーさんの私服を選ぶポイントは”少年か少女”。

クールな印象が強いリーさんのイメージとは一転、子供が親に着せられているかのようなアンバランスなスタイルがツボだという。

「普段はもっぱらヴィンテージです。ダボダボなトップスとパンツをあわせた少年のような日もあれば、お姫様のようなフリフリのドレスを着る少女のような日もあります。」

 

ーこの冬は ”ファーコート × 少年”をテーマにしたスタイリングもいいな!

「もう少し肌寒くなったら、今回のようなきれいめなコーディネートとはまた違う、”少年スタイル”もよさそう。例えば私の出身地 ”長崎” の文字が入ったグレーのスーベニアパーカにスラックス、そして足元はローファーかスニーカーかな。」

 

畠山 千明(モデル)

@hatakeyama_chiaki

ーヘアスタイルに映えるネイビーをチョイス!

「〈HYKE〉のインラインでは展開していない別注カラーの深みのあるネイビーは、ブラックほど印象が重たくなくてヌケ感のある着こなしができます。オレンジ色のベリーショートヘアともベストマッチ。ボリュームのある分厚いアウターは肩が凝るし、なにより私が人よりも新陳代謝が良いせいか、すぐに汗をかくので苦手だったんですが…(笑)」

畠山さんが絶賛する理由は、驚きの軽さや襟まわりをスッキリ見せてくれるノーカラーにあり。US ARMYのライニングから着想を得たリバーシブルで使えるヘチマキルティングのライナーも、昔、古着屋で働いていたこともあってグッとくるのだそう。

 

ーこんなのあったらいいな、が〈HYKE〉にはある

タンクトップにカーキのシャツ、ショートパンツなど、気づけばアイテムが増え続けているという、〈HYKE〉ラヴァーの畠山さん。なかでもリブのタンクトップはカラバリで買い足すほどお気に入りなのだとか。

「洗っても伸びないし、バストまわりのホールド感が絶妙なんです。洗練された大人の女性のイメージがありながらも、そういう細やかな仕立てが魅力なブランドです」

 

ーブリティッシュな少年をイメージしてコーディネート

ビビッドなブルーのタートルニットにハーフパンツとロングブーツを合わせ、ブリティッシュな少年をイメージしたコーディネートで登場。「ボリュームたっぷりなファーコートには、素足が少し覗くハーフパンツ×ブーツくらいのメリハリコーデがオススメです」

 

潮田あかり(モデル)

@ushi_ppp

ーホワイトの次はネイビーファー

2年くらい前にホワイトのファーコートを購入した潮田さんが、今年選んだのはネイビーカラー。普段からホワイトやブラックなど、モノトーンアイテムが中心だという潮田さんらしい選択だ。

「見た目以上の軽い着心地と対極的な印象で着られるリバーシブル仕様がお気に入りです。コロンとした丸いシルエットも、ゴージャス感が強くでてしまいがちなファースタイルを可愛らしいイメージに変えてくれますよね」

 

ーカジュアルにもドレスアップにも

「”ファー×デニムパンツ×ブーツ”という王道スタイルもいいけれど、今日のスタイリングのように少しハリ感のあるサロペットを取り入れてシャープに着こなすのも気分。パーカと合わせてとことんカジュアルにデイリー使いするのもいいし、パーティーにはワンピースとあわせてドレスアップするのも良さそうです」

 

ー異素材のコントラストがキモ

「ボリューム感たっぷりなファーとは、またひと味違う楽しみ方ができるのがこのコートのおいしいところ」

US ARMYのライナーをモチーフとしたヘチマキルティングを表にして着ると、よりカジュアルな印象に。シルエットもすっきりし、内側からチラリと覗くファーとのコントラストもにくい。

 

“FAUX FUR REVERSIBLE COAT”

110

37089508072 / ¥79,000(+tax)

>>BUY ONLINE

ファーを裏返すと裏面はミリタリーテイストのキルティングが覗くリバーシブル仕様。HYKEの永年ラインアップであるファーコートの着丈を短くして、より着やすさを追求した別注モデルはベージュとダークネイビーの2色展開。エレガントすぎないデイリー仕様が人気の秘密。

 

RELATED SNAP

RELATED POST